読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奈良観光マップ

奈良県の観光情報をぬるくお届けするサイトです。

【スポンサーリンク】


橿原市総合プール、料金や駐車場、混雑情報。

奈良県のプール

橿原市総合プールは、奈良県橿原市にあります。
暑い夏の期間に、営業するプールです。

奈良県にある屋外プールの中で、口コミも上々。
大人から子供まで、人気があるプールとなっています。

人気が高い分、休日やお盆は混雑。
ただ、平日の混み具合は、泳げない程ではありません。

橿原市総合プールの特徴は、施設の充実さ。
ファミリープールや流水プールなど、ニーズに合わせて選べます。

また人気のスライダーは、3種類存在。
しかも、料金は必要なく無料です。

最寄駅から徒歩10分。
また、近鉄大和八木駅から臨時直行バスも運行。

それでは、橿原市総合プールの紹介です。
営業時間や駐車場、混雑、割引情報。

橿原市総合プールの見所

橿原市総合プールの概要

橿原市総合プールの概要を説明します。

営業時間と入場料金

営業期間は、7月9日~8月31日まで。
営業時間は、9時30分から16時30分です。

利用料金は、大人:1,130円・小人:610円。
2才以下の幼児は、入場が無料。

コインロッカー代は、100円。
利用料金は、1回の値段となっています。

プールなど種類

1.50m公認プール。
競技会にも使用されています。
水泳選手の気分を味わう事が可能です。

2.25mプール。
小・中学校と同じ仕様の7コース付プール。
水泳の練習にもってこい。

3.正形プール。
浅めのプールなので、練習に最適。

4.ファミリープール。
家族で気軽に楽しめるプールです。

毎日新聞社主催の浜寺水練学校で利用します。
そのため、一般の方も利用出来ません。

5.流水プール。
いわゆる流れるプールです。
浮わに乗って、のんぶり流れましょう。

6.子どもプール。
低学年の子供でも、安心して遊べます。

7.じゃぶじゃぶプール。
小学生以下の小さなお子様も遊べます。

8.アップヒルコースター。
上昇機能をもったスライダー。

9.直線スライダー。
3レーンあるので、友達と並んで滑る事が出来ます。

10.ジャンボスライダー。
一番高い場所は、約20m。
何度でも滑りたくなるスライダーです。

割引券などの有無

割引券はないみたいですが、団体割引は存在します。
20名以上で、大人1,010円・小人540円です。

また、 回数券を購入すると1回につき少し割引になります。
回数券は、大人5,400円/5枚、子供小人2,930円/5枚。

売店や食事

売店が3箇所存在しています。
お弁当・カレーライス・ラーメン・うどん等々を食べる事が出来ますよ。

お盆などの混雑具合

気になるのが、混雑具合です。
平日は、それ程気にする事はないでしょう。

休日やお盆の時期は、混雑します。
流れるプールが、流れないとの噂も。

ただ、混み具合は、天候や時刻によっても変化します。
運試しに、とりあえずは訪れてみて下さい。

橿原市総合プールの駐車場

橿原市総合プールには、駐車場が存在しています。
しかも無料で利用可能です。

収容台数は、約1,000台となっています。

バス料金とバスの時刻表

平成28年(2016)のものです。

八木駅南口~橿原総合プールのバス料金。
大人片道280円・小児140円。

バスの時刻表。
f:id:sarunokinobori:20160701222011j:plain

橿原総合プールからイオンモール橿原のバス料金。
大人片道200円・小児100円。

バスの時刻表。
f:id:sarunokinobori:20160701222003j:plain

橿原市総合プールへのアクセス

橿原市総合プールへの行き方です。

電車の利用する場合は、以下のアクセス方法が存在します。

近鉄南大阪線・坊城駅より徒歩約10分。

近鉄大阪線・大和八木駅より奈良交通臨時直行バス約15分。
期間は、7月18日から8月31日。

f:id:sarunokinobori:20160701221954j:plain
(周辺地図)