読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奈良観光マップ

奈良県の観光情報をぬるくお届けするサイトです。

【スポンサーリンク】


唐招提寺の観月讃仏会2016、中秋の名月を観賞。

奈良県のお寺 奈良県の行事・祭事

唐招提寺は、奈良市五条町にあります。
南都六宗の1つで、鑑真大和上が建てたお寺です。

毎年中秋の名月の日に、唐招提寺の観月讃仏会が行われます。
場所は、金堂・御影堂前庭です。

唐招提寺の観月讃仏会

唐招提寺の観月讃仏会の概要

唐招提寺で行われる観月讃仏会。
開催日は中秋の名月の日、すなわち平成27年(2015)9月27日です。
時間は、18時から21時まで。

この日は、開祖・鑑真和上を奉安する御影堂の庭園が特別に開放。
和上と共に中秋の名月を愛でる法要が金堂で行われます。

また御影堂では、裏千家大宗匠による大和上とお月様への献茶式が行われるそうです。

簡単に書けば唐招提寺の観月讃仏会は、鑑真和上と共にお月見をしましょうという行事。
解釈が間違っていたら、申し訳ありません。

f:id:sarunokinobori:20150904222543j:plain
ちなみにお月見は、旧暦8月15日に月を観賞する行事。
お月見をする中秋の名月の日が毎年異なるのは、旧暦と現行の太陽暦では日付を決めるシステムが異なるためです。

中秋の名月は、仲秋の名月とも書かれます。
どちらが正しいのか疑問に思った事はありませんか?

答えは、中秋の名月です。
中秋は旧暦8月15日を指す意味があるのに対して、仲秋にはありません。

仲秋とは、春夏秋冬を3ヶ月毎に分けた中の秋3ヶ月の中の月という意味です。
すなわり、お月見の日に見える月という意味で考えると、中秋の名月と書いた方が正しいという事になります。

唐招提寺の駐車場

唐招提寺には、駐車場が完備しています。
有料なので、駐車料金が必要です。

普通車約150台が駐車可能。
ただ、夜間に対応しているか不明です。

車で参拝に行こうと考えている方は、問い合わせて確認して下さい。
個人的には、公共交通機関の利用がオススメです。

唐招提寺のアクセス

唐招提寺への行き方です。

近鉄・西ノ京駅下車、徒歩約10分で到着。

f:id:sarunokinobori:20150827214411j:plain
(周辺地図)